バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
バナー

Program for trade forecasting

Using of this program increase chanses of trader in right decision-making

 人間は一瞬でも未来を読める様になったら存在そのものの意味は完全になくなる!

取引予測、外国為替市場動向予測、マクロ経済のフォーキャスト。外国為替市場、株式市

場、商品市場で出された正確な予測に基づく取引決定。そのメカニズムはどの様

になっているのか?

正しい予測はどの様に出せば良いか、そして市場動向はどの様に図れば良いのか、または取引に於いて正しい決定をどの様にすれば良いのでしょうか?外国為替市場や株式市場或いは商品市場では沢山のトレーダーは取引を実行しています。そのトレーダー人数はいまだに正確に計算されてないのです。しかし、そのトレーダー各々の決定によってプライスは動いている事になっています。更に、皆様はコンピューター・モニターにご覧になっています様にそのプライスは毎瞬ごとに変動し続けています。この世の中にも毎瞬ごとに何か常に変動しています。その「何か」の変動の影響があって世の中の「需要」と「供給」の数値も変動しています。トレーダーの用語を使って言い換えると「SELL」 か「BUY」 の方向となります。

そのトレーダーの一部はプライスは下がると考え、あっという間に「売る」決定をし、そして逆にプライスは上がると判断の場合に、「買う」決定となります。

市場取引動向測定ソフト「Trade forecast 」(トレード・フォーキャスト)は「SELL」か「BUY」 か(トレーダーの大多数は)どっちの方向を選択したのかと示し、(アマチュアー機能を使って)外貨、或いは株等の適する売買タイミングも示しています。

市場取引動向測定ソフト「Trade forecast 」(トレード・フォーキャスト)によって全てのトレーダーの取引決定に関する平均的な思考を把握する事が出来るソフトであります。「アマチュアー機能」使用の場合に、過去の数値に比較出来る数値やトレーダーの意見(変化ペース等)は分析された結果が表示されます。「プロフェッショナル機能」使用場合に、測定結果は取引インデックス予測値や発表されるマクロ経済的指標をデジタル値の形で表示されます。市場取引動向測定ソフト「Trade forecast 」(トレード・フォーキャスト)は、金融商品プライス変動の正確な数値を出します。その数値を入手したい(本ソフトの)プロの使用者は「プロフェッショナル機能」を選択しますと、独自のデジタル予測値に基づいて全てのトレーダーの意見を(デジタル値の形で)確認する事が出来ます。「Trade forecast 」は市場のトレーダー各々の意見を計算し一定期間のインデックスを出しています。「Trade forecast 」を使ってと市場とレーダーによる発表される予定のマクロ経済指標に対する意見も常時確認する事も可能です。「Trade forecast 」は全てのトレーダーの意見を把握するソフトであります。「アマチュアー機能」に切り替えて「SELL」-「BUY」観点から予測したカレンシー・ペアー、インデックス、マクロ経済的指標に関する意見は発表された場合に、本ソフトはそれを数値化し平均指標を出します。そしてその数値はモニターの画面にキャンドル・グラフの形で示されます。それは、通貨や他の商品の(アップ・ダウンマークで表しながら)「SELL」か「BUY」かへのトレーダー感情傾向を示す事になっています。(前期間比)カレントなマクロ経済指標は「良い/良くない」マークで表示されます。本ソフト使用者は「プロフェッショナル機能」使用時にデジタル平均測定値を取得するために、先に独自で測定すデジタル状の予測値を(本ソフトを使って)発表しなければなりません。本ソフト「Trade forecast 」によって取れる予測データーは市場取引参加者すべての意見を把握することが出来き、客観的な情報を入手することが出来るのです。

使用方法の具体的な例を取り上げたいと思います。「Trade forecast 」ソフト使用原則は次の通りです。本ソフト使用者のお客さんは、「Trade forecast 」を使用している他のトレーダーからの平均測定値を取るために、そしてとレーダー大多数の意見を知るために、ご自分の測定結果やご意見を必ず発表しなければならないのです。「アマチュアー機能」を「オン」にしますと、お客さんの意見はどの取引商品(外貨、株等)に関しても2つのカテゴリ(SELLかBUY)で表示されます。「Trade forecast 」ソフトはお客さんの意見に基づくデーターを他のトレーダーからのものと一緒にプロセスし、平均測定値を出します。その測定値は、お客さんのコンピューター画面に表示されます。同ソフトは、プロのトレーダーのみが使っているプログラムなので出てる数値はとレーダー大多数の意見を表している事におなっています。更に、「Trade forecast 」ソフトを利用して、トレーダーによる現在の相場平均測定値だけでなく、3,6,9,12,18,24時間後の測定値を取ることが出来ます。そのために、お客さんの意見を発表します。例えば、0時0分の時点以降、9時間後に(09:00に)相場はどの様に変わるかとご意見を発表します。相場は上がると言うご意見の場合に「BUY」のボタンを押します。そして、ソフトはすべてのとレーダーの測定値を合計し、9時間後の平気測定値を出します。測定時間を09:00に設定してから1-2時間後ソフトの出している数値を再度確認して、ご意見は変わった場合に、逆に「SELL」ボタンを押しますと、その方向に関してトレーダーの意見も表示されます。その場合は09:00という設定時間は変わらない事になります。キャンドル型グラフをご覧になりますと、相場は上向きになるのかそれとも下向きになるのかというトレーダーの意見を(24時間内)09:00時点まで確認する事が出来ます。同じく、「Trade forecast 」ソフトは12,15,24時間後の数値(平均測定値)を出す事も出来ます。測定期間のキャンドルでの表示はトレーディング・ターミナルのインタフェースに合わされています。つまり、1分、5分、15分、1時、4時、日々、週、月という同じ形で表示されています。お客さんは「プロフェッショナル機能」を押しますと、平均測定値は簡単な「上がる/下がる」表示ではなく、詳細なデジタル値で出てきます。しかし、その場合に「現在」に関する平均測定値は出されません。それ以外に、出される数値のパラメターは「アマチュアー」とかわりません。つまり、(プロ機能の場合)カレントな測定結果は「上/下」や「Sell/Buy」と言う簡単な表示でしか出ません。それと、「Trade forecast 」ソフトによってトレンド反転に関するマーケットの意見を確認することも可能であります。インターフェースの「トレンド反転」ウィンドーを開いて、反転可能性に関する測定を確認します。「Trade forecast 」ソフトは反転タイミングや反転ポイントに関して測定を出します。

外国為替市場に於いてマクロ経済の指標は相場に影響を与える大事なファクターであります。マクロ経済的なデーターは定期的に発表されるデーターであり、外国為替市場、株式市場そして商品市場はそれのデジタル値発表に伴って動きを示しています。そして、市場のプライスは上がる事、そして逆に下がる事は大いにそのマクロ経済データーに係わっていると言えます。各トレーダーの希望はそのデーターのデジタル値発表を前期データーに比較する事にあります。そのデーターは肯定的か否定的である事によって「売る」か「買う」かという決定に影響します。トレーダーは適する判断材料に基づいて相場変動測定を行っていますが、発表される経済的なニュースは、その測定結果が正確だったかどうかそして取引決定は正しかったかどうかという評価水準になってます。マクロ経済の各指標は各経済圏の経済活動プロセスに取り組んでいるすべてのステーク・ホルダーの平均意見を表している数字です。例えば、Personal income USA(米国個人所得データー)を取り上げましょう。その指標は一般市民の所得の変動を表してます。消費水準のノーマルな状態でその指標数値は上昇した場合に、小売指標は高まります。それは、国の経済改善や通貨の強化につながります。その指標を測定するためのデーターは一般世帯を対象にしたターゲット世論調査によってとられています。その時に一般世帯所得水準の動向は調査されています。そして、そのデーターを基に適する指標の裏付けとなります。「Trade forecast 」ソフトによって市場取引当事者意見を集める事が可能です。すなわち、すべてのトレーダーを対象に常時調査を行うソフトであると言えます。そして、各トレーダーは発表されるマクロ経済的データーに関して数字で表す意見を発表する事が出来る事になっています。本ソフト使用者は、「アマチュアー機能」使用場合に「前期間比変化なし・良くなった・良くならなかった」観点から意見を発表する事が出来ます。(ソフト使用者による)発表される予定のマクロ経済データーのデジタル測定結果を「プロフェッショナル機能」を使って発表する事も可能です。「Trade forecast 」ソフトはマーケットで取引している全てのトレーダーの意見を合計した平均指標は画面に出ます。そのソフト使用者はインターフェースの適するウィンドーを選びその指標の変動期間を確認します。米国経済の指標が発表直前に、インターフェースでそれに対する世界各地の意見は表示されます。更に、米国指標発表の場合に、ソフト使用者は具体的に米国や隣接経済圏のトレーダーの意見を確認する事が出来ます。ソフトは、各トレーダーのIPアドレスの所在地を確定し、世界からの意見や米国経済圏からの意見を収集、平均測定値を出します。従いまして、本ソフトの使用者数は増えれば増える程測定結果は益々正確になります。そして、ソフトの測定値は正式に発表される数値よりもっと正当となります。ソフトは、ターゲット調査よりもっと数多くの対象者を取り組んでいく様に出来ているからです。本ソフトの使用は正しい取引決定をするための最良のツールです。